長時間かけても疲れにくいタイプとは

重いメガネはやはり疲れやすい

小さい文字で書かれた文章を読むときだけかけるというのではなく、視力が低いので四六時中、メガネをかけていないとだめという人であれば、長時間かけても疲れにくいメガネが不可欠です。では、どういったメガネなら疲れにくいのでしょうか。まず、できるだけ軽量であるのが理想です。メガネの重さは当然、レンズとフレームを合わせた重さで決まりますが、ガラス製のレンズを選ぶとフレームがどれだけ軽くても一気に重くなるので、プラスティックレンズの方がいいでしょう。また、顔が大きい人だとフレームの幅が重要です。フレーム幅の狭いメガネをかけると、側頭部が締めつけられて痛くなってきます。必ず購入前に試着して幅を確認しましょう。

見えすぎるメガネをかけ続けると疲れる理由

レンズの度も重要になってきます。視力が低すぎて日常生活を送るだけでも苦労するという人であれば、できるだけはっきり、くっきり見えるレンズの方がいいと思うかもしれません。しかし、実はあまりにもはっきり見えるメガネをかけると疲れやすいのです。なぜ疲れるのかというと、メガネをかけていなかった頃と比べてあまりにも多くの情報が視界に入ってくるせいです。そのため、たいていの場合、メガネ専門店の店員は「はっきり見える」という状態から度を一ランク下げたレンズを勧めてきます。PCを使って仕事をする人は、紫外線をカットしてくれるレンズが入ったメガネをかけると疲れにくいでしょう。透明レンズでもそういったものはあります。

© Copyright Choose Glasses Suit & Fit. All Rights Reserved.